YOKOのパラオニュース


2004.1.15


ベストシーズンのパラオ、まだまだ熱いニュースは限りなくやってきます。 今回は前回に引き続き年末からのリポートの続きです。

(1)FISH&FINS(以後FNF)のクリスマスパーティー
日本における忘年会は、外国ではクリスマスパーティーとなります。 FNFでも終業後 にレストランバラクーダでBBQパーティーが開かれました。 盛り上がったのがプレゼント交換会。 「サンタクロースはスタッフの誰がするの?」 というオーナーTovaの問いかけにみんなは何となく「Poker! Poker!!」。 (シェーンよりまし・・・?) その場で赤いTシャツを頭に被せられ、南国のサンタとなりました。

(2)パラオ式プレゼント交換方
外国でのメジャーな方法らしく、盛り上がるのでみなさんもぜひ真似てみてくださ い。 まず、クリスマス前に「サンタゲームに参加する方は名前を紙に書いてこの箱に 入れてください。 プレゼントは一人$10程度が目安です。」と張り紙をします。 数 日後、参加者は一人一人箱から紙を1枚取ります。 ここに書かれている人(誰にも内緒)のために、各人は当日までにプレゼントを用意し、宛名を書いたプレゼントを集合させます。 あげる人にあわせて選ぶ楽しみがあります。

(3)イベントスタート!
サンタが箱の名前を呼び、1人ずつそれを渡します。 もらった人はみんなの前でプレゼントを開けて披露。 その場でTovaが今年のボーナスの封筒もくれます。 稼ぎ具合によって額が違います。 私はすごく多かったです!(※パラオレベルでね!) 私のプレゼントの箱は、サイコロくらい小さかった・・・。 「why so small !!」と開けると、宝石箱のよう・・・・。 「Ring?!」と言うとパラオ人たちが「Oリングだ !Oリングだ!」と笑う。 「Not O-ring !」 それはパラワンマネービーズの可愛いネックレスでした。 誰がくれたのかは分かりませんが、とても嬉しい。

プレゼント
サンタ2
年末ゲスト

(6)気になるポイント(キャー行きたくなるねー?!)
12月28日
 (1)ゲドブスコーラルガーデン(珊瑚がきれい)
 (2)ジャーマンチャネル(マンタ5−6回、誰もいない)
 (3)ブルーコーナー

12月29日
 (1)セメタリー(珊瑚がきれい)
 (2)ウーロンドロップオフ

12月30日
 (1)ビッグドロップオフ
 (2)ブルーコーナー
 (3)ショートドロップオフ(アオマスクの幼魚が6匹群れていた)

12月31日
 (1)007(根にマンタ2匹15分。誰もいない)
 (2)007(マンタ2回。誰もいない)

1月1日
 (1)ジャーマンチャネル
  (根にマンタ20分。誰もいない。
  手が届く位あえて真上を通ってくれる。
  みんなフィルムなくなった。)
 (2)ブルーコーナー(貸切)

1月2日
 (1)ジャーマンチャネル(マンタ1回)
 (2)ブルーコーナー(バラクーダの塔、貸切)

1月3日
 (1)ブルーコーナー(バラクーダの塔、貸切)
 (2)ブルーホール

同じポイントばっかりなのは・・・・そこがあまりに素晴らしいからです。 誰も文句なし。


マンタ3(PHTO:寺野氏)

(7)年末恒例イベント”紅白の宴”
12月31日は毎年私ボートの人(キャパに限りがありすみません・・・・)とうちでNHK衛星TVの紅白を観るのが恒例です。 年越しそば(もちろんザル。 暑いから)と天ぷらで。 川村ファミリーの長男、芸能通の俊輔君の解説付き。 ちなみに今年は「世界で1 つだけの花」という歌が売れたそうですが、私は今まで全く知りませんでした。 俊輔君 は生涯の29本中9ダイブでマンタを見ており、マンタ君と呼ばれています。 マンタポ イントで外したことが1度もなく、ダイビングとはそういうものだと思っています。  いつもマンタに会える人っていますね。 根拠はなし、でも結果は100%。 逆に7年毎年パラオに来ていてマンタを1回も見たことない、必ず逢えない人もいます。(それ 俺って!?)

紅白
マンタ君&母
 
パーティー
サンタ1

(4)いろんなプレゼント
  • 遅刻が目立つシェーンへ:機関車型の目覚まし。 ボー!シュッシュー!!と鳴る。 ちなみにパラオ人は汽車、電車を知らない。
  • 可愛いバネッサへ:レースのパンティー10枚セット。 ビールの空きダンボール箱に詰めてあることからパラオ人かららしい。 みんなパンツを見て大喜び!!
  • Tovaの娘ヤーデンへ:カナダの高校から一時帰国中。 ダンボール一杯のラーメンと、パラオ風噛みタバコのセット。 パラオ人から?カナダで噛まないってば!
  • ボートマントンちゃんへ:高級子供用水鉄砲。 ボートで遊べる。
  • Tovaの娘ガイリへ:いつもお店を散らかす7歳。 ほうき、塵取り、雑巾、スプレーのお掃除セット。 掃除しなさい!ということらしい。

(5)気になる年末の混み具合と海
値段が高いにもかかわらずいつも同じリピーターが戻ってきてくれて嬉しい盆・正月 ・GW。今年はピークで日本人25人といい感じ。 (2年前は日本人55人を乗り切った・・ ・)海はなんと・・・・マンタが毎日毎日。 時には20分独占も!お正月のピーク時に も、ガイドが誰一人マンタを追わせなかった為(着底して離れて見る)、ジャーマン のマンタは人間が好きになり、あえて人の周りをゆっくり回ってアワに当たる快感を 覚えたらしいのです。 (クリーニングと同じ)我々はマンタにグルグル何周もゆっく り回られ・・・・幸せでしたー。 マンタの写真はゲストの寺野さん撮影です。

ハンジョウ
マンタ1(PHTO:寺野氏)
マンタ2(PHTO:寺野氏)
マンタ4(PHTO:寺野氏)
年越しそば

(8)不思議な正月の海
コーナーにボートが27艘いたりして・・・でも混んでいるからサイテーなんてことは 全然なくって、なぜか正月に限ってマンタが乱舞してみんな涙が出るほど感激しちゃったりするのです。 不思議ですねー。 ケタ外れに混んでいるのに、海はいつもに増してサイコー。 やっぱりパラオは1−3月はベストシーズンなのです。 あと、混んでいるといっても1ボートの定員は変わりませんからネ。 全然ダイジョウブ、モンダイ ナイ。

フィッシュアンドフィンズ

YOKOのパラオニュース・バックナンバー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33





Space by みんなのアルバム